ホーム > > キャッシング審査に年齢は影響するのかについて

キャッシング審査に年齢は影響するのかについて

キャッシングの審査に通りやすいのは、20代から30代と言われています。一般的に、年齢が上がるにつれて信用度も上がり、キャッシングの審査にも通過しやすくなると思われがちですが、中高年の方々が住宅ローンなどで意外と出費が多く、自由になるお金があまりありません。このため良い評価を得られないことがよくあるのです。つまり、年齢は低すぎても高すぎても評価を得にくいということなのです。20歳未満の未成年や、高齢者の年代の方は、仕事をしていなかったり、仕事ができない人が多いことから収入も安定していないという認識を持たれています。そもそも30代でも結婚をして子供もいる場合は、同じ30代で独身の場合に比べて評価が下がります。40代になると大半の人が結婚し、子供もさらに大きくなることから、家族全体としての出費も膨らみます。さらにこちら(⇒カードローン 即日)で書かれています。勤続年数が長くなるのでむしろ好評価を得られるのではないかという期待があるのですが、むしろ自由になるお金があまりないと判断されます。